ホーム > 診療科目 > 入れ歯

入れ歯

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯には様々な種類があり、その目的・予算に応じてその人に合うものは変わってきます。保険の義歯で機能的、審美的に十分満足できる入れ歯が製作できる場合もありますし、自費の入れ歯でなければ対応できない症例もあります。

人それぞれ、その人の現状、またその後いかに長く使って頂けるか、その時の状況をいかに保てるか、手入れのしやすさ、壊れにくさ、汚れにくさ、あるいは良く噛めるかどうか、などなどを総合的に考えて患者様にとって一番いいものを提案したいと思っております。

柔らかい入れ歯、プラスティックの入れ歯、金属の入れ歯

柔らかい入れ歯は人気があります。ただ人気はあるのですが全ての人に適応できるわけではないので、ただ単に「柔らかい入れ歯がいいです」とは一概には言えません。

金属やレジン樹脂の入れ歯でも、患者様によっては柔らかい入れ歯よりも硬いレジン樹脂だけでやった方がいい方もいます。それぞれその人に合った、その時だけではなくその人のその後一生の口の中の経過を考えた上で作ることが重要なのです。

顎の骨は吸収し徐々に下がってきます。下がりやすい場所、下がりやすい人、下がりやすい咬み合わせがあるのですが、これは絶対に吸収し下がってきてしまうだろう、と判断できる箇所はリカバリーが効く材料を選択する必要があります。

そのため、入れ歯と歯ぐきの隙間を埋める「裏打ち」が可能なレジン樹脂がいい場合もあるのです。なので骨が吸収し顎が下がりやすい所はレジン樹脂を使用し、逆に骨の吸収が少ない所には金属を使うというのが、壊れにくく、汚れにくいので、患者様にとってもいい方法となります。

かえで歯科の入れ歯

かえで歯科の入れ歯

入れ歯については日本補綴学会(入れ歯や被せ物、インプラントの学会)の専門医である院長と義歯専門の技工士がセッションし、院長が理想とするもの(=患者様にとっていいもの)を製作しています。

入れ歯に関しても、型取りの方法や咬み合わせのとり方など色々な方法がありますが、大学時代に培った知識と歯科医師としての経験をフル活用して、手間暇かけて大学病院と同じ方法と精度でやっております。


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら