ホーム > 診療科目 > 一般歯科

一般歯科・矯正歯科

痛みの少ない歯科治療

無痛治療、痛くない歯科治療

患者さんが歯医者に行きにくい・行きたくない原因は、やはり“痛い”、“怖い”という嫌なイメージあるというのがほとんどなのではないかと思います。
実際のところ “痛み”そのものは麻酔によってかなり抑えられるのですが、その“麻酔の針が痛い”というお声を聞くことがあります。やはりどんなに表面麻酔をしても麻酔の針で痛みが出ることもあるものなのです。

そこで当院での痛みを抑える解決策の一つが「電動麻酔の使用」です。
電動麻酔だと麻酔液が注入されるスピードが一定ですので、一定でない手動に比べて痛みが軽減します。

そしてもう一つの解決策が、「針のない注射器の使用」です。
針のない注射器は、粘膜に対して麻酔をジェット噴射することで歯ぐきに麻酔を浸透させます。表面麻酔は表面だけ塗りますが、これは圧をかけることでもうすこし中まで浸透させることができます。

患者様の条件や症状、部位によって最適な方法がありますので、麻酔が怖くて歯医者に行きたくないという方はご相談ください。最善と思われる方法で治療いたします。

小児歯科

小児歯科

お子さんには、歯科に対して“怖い”・“痛い”などのトラウマをもちろんつくってはいけませんが、治療をしないわけにもいきません。

当院では、嫌がるお子さんにも歯科に興味をもって、ちゃんと治療できるようにしていきたい、と考えています。
そのために①嘘はつかない②極力痛みを与えない③笑顔でコミュニケーションを取る、の3つをモットーにお子さんの恐怖を少しずつ和らげ、歯科はそんない怖く・痛くないんだよっていうのを教えていこうと考えています。

むし歯予防の為の、口腔内クリーニングフッ素塗布も積極的に行っております。

また、保護者の方へのお子さんの為の歯磨き指導、むし歯になりにくいおやつのあげ方食事の取り方の指導しています。子供の時期にむし歯をつくらない、むし歯が出来てもきちんと治すことが、一生を通じて健康なお口を保つことにつながるのです。
成長に合わせた咬み合わせについての指導、相談も行っております。

小児矯正

歯並びは簡単に矯正可能なものから、専門的な診断をした上で何年も治療が必要なものまで様々です。

まだ歯が乳歯の段階で、ただ単歯の向きが悪く咬み方が定まっておらず、変な咬み方になっている時があります。そういう時は簡単な矯正で手直しする程度の矯正で十分治療できるケースもありますので、まずはご相談ください。

子供の歯の交換期の不正歯列(かみ合わせや歯の並びの悪いこと)は、歯の向きだけの原因でそうなったのか、それとも骨格的にそうなったのかは、とても判断が難しいところです。きちんと診断し評価する必要があります。

骨格的に問題がある子どもであれば、ある成長に合わせてある程度早期に診断、治療した方がいいのですが、逆に多少の並びの乱れ(叢生歯)であれば成長を見守りながら経過を観察することもあります

子供の矯正の時期についてご心配の方は一度当院までお気軽ご相談ください。


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら