院長ブログ

2013年9月20日 金曜日

入れ歯の印象(マルモ)

こんにちは、松戸市馬橋駅西口かえで歯科院長杉浦です。
本日は入れ歯の印象についての続きです。

かえで歯科での日々の臨床について
患者さんに知って頂きたく書いておりますので、
見て下さっている患者さんで疑問点など
ございましたらいつでもお聞きください。

本日のお題:マルモ

"まりも"じゃないです。
"まるまるもりもり"とも関係ありません。
ただの"マルモ"です。

元々は保険用語で模型の模の字を丸で囲んで
まる模と書きます。

本日はまるものお話です。

かえで歯科では入れ歯をつくる時は
仮の型(1次印象)を採ってから
精密な型(2次印象)を採ります。
仮の型取りで採った印象から作る模型を
研究用模型またはマルモと呼んでいます。

かえで歯科ではマルモの印象は
既製のトレーとアルギン酸を使用しています。



この様に採った印象に石膏を流してマルモを作成します。
マルモにはお口の中の情報がふんだんに
盛り込まれており、マルモとにらめっこしながら
患者さんの治療計画や入れ歯の設計を考えます。



このマルモ上で、精密な印象を採るための
個人トレーというものを作成します。



なので2段階に印象すると言っても、マルモの段階で
良く採れているとその後がとても楽になります。
つまり、良い義歯を作るには良いマルモを作ることから
始まります。


つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら