歯科全般

2016年11月 2日 水曜日

歯科衛生士の茶話会のお知らせ

歯科衛生士の茶話会のお誘い
眠っているDHの資格を、再び活かしてみませんか?

あなたの経験・資格を活かして、訪問で口腔ケアを始めましょう。
例えば、1日4時間位週2日とか / 週に1日朝から夕方までとか
働き方は、相談可能です。
訪問未経験の方も、一緒に勉強しながら働けます。勉強会もご案内いたします。
DH免許お持ちの方。車の免許があり運転できる方。

いきなり面接では、聞きにくい。そんな素朴な質問にも、お答えします。
訪問診療の現場で働く、かえで歯科所属の歯科衛生士と、
近隣で活躍する歯科衛生士が参加いたします。

お気軽に、お越しください。
訪問歯科に興味のある方は、是非この機会にのぞいてみてください。


~*~*~*茶 話 会*~*~*~
 11月20日(日)10:30~15:00
場所:かえで歯科  住所:松戸市西馬橋蔵元町13
JR常磐線、流鉄流山線 【馬橋駅】 徒歩2分/*近くに有料パーキングあり
お問い合わせ:pta-suz@y-mobile.ne.jp    鈴木(恵)
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2013年11月22日 金曜日

歯科用レントゲンの被曝について

こんにちは
松戸市馬橋駅西口のかえで歯科院長杉浦です。
本日は歯科の放射線被ばくについて
書いてみたいと思います。

3.11の地震から続発した原発事故から
放射線被ばくに関心を持たれる
患者さんが確実に増えたと思います。
もちろん治療上必要な時には、撮影理由をご説明してから
撮影させて頂くのですが、歯の神経の治療などでは
X線撮影が同一部位で複数回に及ぶことが良くあります。
そのようなときに不安に思われる患者さんがいらっしゃいます。

確かに不用意な被ばくは絶対に避けなければなりませんが
治療上有益である場合は、説明の上撮影させて頂きます。

では歯科のX線撮影ではどの程度の被曝量か?
これも色々な数値が存在しますが一例を紹介致します。

独立行政法人放射線医学総合研究所の
ホームページから(一部改)引用
図は私(杉浦)作成

実効線量比較図(mSV)

歯科用のレントゲンはとても低いのがお分かり頂けますね。
また歯科用レントゲンは口腔領域のみの照射で
最も影響がある生殖器には遮蔽エプロンをして撮影するので
全くと言っていいほど影響がありません。

更にかえで歯科ではデジタルレントゲンを使用しています。
デジタルレントゲンは通常のものより5分の1~10分の1
の放射線量で撮影できるのでさらに安心です。

かえで歯科では安心して診療が受けて頂けるよう
日々心がけております。

何か、診療について、ご不明な点や
不安なことが御座いましたら
いつでもご相談ください。

かえで歯科 院長 杉浦
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2013年7月10日 水曜日

印象

印象

印象が強い
良い印象
印象に残る
印象的

など印象という言葉は人の心に響くことがらについて
使用されることが多いですが

歯科関係者で印象というと
ほとんどの人が、型取りの事を思い浮かべます。
歯科では型取りの事を"印象"や"印象採得"
と呼んでいます。

良い印象=綺麗に取れた型取り
印象が苦手=型取りがヘタっぴ
などとなります。

本日は歯科の治療では無くてはならない
型取りのお話です。
この印象の作業は歯科の臨床の中でも
最も大切な治療工程の一つです。
歯科治療で、むし歯や歯周病で歯が
欠けてしまったり、無くなってしまった場合は
小さければ、白い詰め物(コンポジットレジン)で
治すこともできますが、大きく無くしてしまった時や
被せないといけないときは
技工士さんに依頼し、詰め物や、被せ物を作成してもらいます。
この際、技工士さんは印象採得した歯型の
模型からのみの情報で上物を作らなければなりません。
もし、不鮮明な模型であったり、変形している模型で
あったりしたら出来てくるものも、生体に調和したものである
ことは無いと思います。

ではどうすれば、綺麗に印象が出来るのか?
①正しい歯磨きをきちんとして、歯肉の健康を回復する。
②歯石を取ったり、歯肉の形を治して歯周病の治療をする。
③生体に調和した形の土台とするように
 精密に削って、仮歯を合わせる。
④最適な型取りの方法、材料を選択し、正確、精密に行う。
などでしょうか?
もっと沢山ありますが、全てに当てはまるのは
上記のようなものであると思います。

言ってしまえば簡単なのですが、これを実践し結果を出していく
のは実はとても大変ですが、確実に違ったものが出来ます。

以前読んだ教科書に印象のレベルを見れば
その医院の臨床のレベルが分かると書いてあったのが
とても印象に残っています。

模型は嘘つきませんので、
信頼できる歯医者を探すなら技工士さんに聞くのが
良いかもしれませんね。

歯周病の治療や、クリーニングがめんどくさいと思っている方
歯磨きが嫌いな方など、こんな狙いもあってやっているんだと
知って頂ければ、もうちょっと頑張ってみようという
気になって頂けるかな?(@_@。

嘔吐反射が強い方は型取りと聞くとつばがこみ上げてくると
思います。事前に言って頂ければ、反射が出にくい体勢や
方法、材料を早く固める方法等の対処が出来ますので、
遠慮なさらずにおしゃってください。




かえで歯科で採得したオールセラミックブリッジの印象


かえで歯科で採得したハイブリッドクラウンとインレーの印象

かえで歯科 杉浦
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2013年6月25日 火曜日

治療の中断について

松戸市馬橋駅西口かえで歯科院長杉浦です

治療中の歯について
歯の神経の治療中や詰め物用の型取りをした後に
来院が途絶えてしまう患者さんが
いらっしゃいますがきちんと治療を完了するまでは
通院するようにお願いいたします。
仕事や何かの都合で長く通えない時は
あらかじめ教えていただければ、
何らかの対処は出来ます。
治療中の歯はとても無防備な状態で、
きちんと治療すれば何十年と機能したであろう歯が
治療中にやめてしまい、放置した結果抜かないといけなくなることが
あります。そんなとき患者さんと同様私たちも、
とても悲しい気持ちになり勿体ないお化けが出ますといいたくなります。
本当に本当に残念なことです。

放置した結果残根状態となってしまった歯



予約を入れていて、忘れてしまったり急な都合で連絡が付けられなくて
無断でキャンセルをしてしまうと、気まずくて行きにくくなるということも
お聞きしますが、気になさらず(あまり頻発すると困りますが・・・)、
ご連絡を頂きたいと思います。

一本の歯を守るということが、将来の何本もの歯を守るということに
つながります。

健康なお口

早期治療でお口を守りましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2012年11月23日 金曜日

歯肉の検査

こんにちはかえで歯科の杉浦です。

今回は歯肉の検査についてお知らせしたいと思います。

歯周病の治療の際に歯と歯茎の間に
細い棒のようなものをちくちく刺して行う検査を
受けたことがある方は沢山いらっしゃると思います。


むず痒いような痛いような検査で
僕はわぎわぎするような感じで、されるのは少し苦手です。
まあ好きな方は稀だと思いますが、実はとても大切なものです。
では何故時間と労力をかけてそのような事を行うのでしょうか。

医療行為を行う際には
検査や評価が非常に重要です。

初診時に評価する事により
現状を把握し、診断を下し、治療計画を立ててから
実際の治療を行います。

治療後、メインテナンス時に再評価する事により
治療効果を測定して、新たに計画を立てていきます。

特に慢性疾患ではとても大切で、
医科の治療の高血圧や、糖尿病の治療を
思い浮かべて頂くと分かり易いと思います。

そして歯科では慢性疾患であり、評価が最も大切な
治療の一つに歯周病の治療が挙げられます


冒頭に書いたように、歯と歯茎の間(歯周ポケット)
に棒のようなもの(ポケット探針)を挿入し
ポケットの深さを計測します。

これにより、歯肉の腫れ具合や、骨の減り具合
歯石の付着具合等を見ています。

また同時に、出血や膿の出方から炎症の程度を判定し
動揺(ぐらぐら具合)や汚れの着き加減もみています。

そして歯周病の進み具合等を評価して
歯周病治療の治療計画を立てていきます。

実際に治療を行い、再評価をしてメインテナンスへと向かうか
更に進んだ治療を行います。

ここで大切なのは、評価を行わないと治療の成否が適切に
判断できない
ということです。

どんなに良いと思われる治療を行っても
評価がされていなければ、実際に効果があったのか
わかりません。

以前、【信頼関係と歯科治療】の項目で
患者さんの主観的な満足が大切と
お話しましたが、同時に客観的な評価もとても大切なのです。

歯科治療において主観的な評価と客観的な評価を
同時に向上させる事が、患者さんの利益につながると思います。

長くなりましたが、歯肉の検査(歯周組織検査)についての
必要性のお話でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら