入れ歯について

2013年9月26日 木曜日

入れ歯の印象(精密印象)

こんにちは。松戸市馬橋駅西口かえで歯科院長杉浦です。

入れ歯の印象続きです。

前回マルモについて色々書きました。
マルモ上でその方のお口の中の状態を観察し
状況を把握した上で治療計画の立案、設計の決定を行います。
さらに、最終印象(精密印象)の為の個人トレーを作成します。




前回のおさらい

本日は入れ歯の精密印象について書いていきます。

マルモ上で作成した個人トレーは
実際の入れ歯の外形よりも小さくなっています。
これは何故か?
以前入れ歯の印象第1回で書いたように入れ歯は
お口の中の舌やほっぺた、唇などの動きに影響を受けます。
なので、印象時にそれらの動きを記録する必要があります。
つまり調整シロがあるので短いのですね~

そこで個人トレーにコンパウンドという熱で柔らかくなる材料で
筋肉や粘膜の動きを記録します(筋圧形成)。


コンパウンド巻いた写真

その後接着剤を塗布して、アルギン酸やシリコン製の印象材で印象します。


精密印象

折角印象した、辺縁の形を守るために
周りをワックスで形作ります。



石膏を流して出来あがり


石膏(作業模型)

この後模型を綺麗にしていきます。

印象といってもこんなに工程があるんです!
料理のレシピ書いてるようですね。

美味しそうな作業模型が出来ました~
美味しく作るコツはアルギン酸の水の量と
コンパウンドの火加減です
みたいな感じで

この入れ歯の印象の流れは
大学病院の義歯専門外来での印象の流れと同じです。
かえで歯科では、入れ歯を作る時
外来診療、訪問診療どちらもこの様な印象を行っています。

なんで2回も型取りするんだ?
と思われていた患者さんは納得して頂けましたか?
かえで歯科では高いレベルの医療を提供出来るよう
日々努力しております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2013年9月20日 金曜日

入れ歯の印象(マルモ)

こんにちは、松戸市馬橋駅西口かえで歯科院長杉浦です。
本日は入れ歯の印象についての続きです。

かえで歯科での日々の臨床について
患者さんに知って頂きたく書いておりますので、
見て下さっている患者さんで疑問点など
ございましたらいつでもお聞きください。

本日のお題:マルモ

"まりも"じゃないです。
"まるまるもりもり"とも関係ありません。
ただの"マルモ"です。

元々は保険用語で模型の模の字を丸で囲んで
まる模と書きます。

本日はまるものお話です。

かえで歯科では入れ歯をつくる時は
仮の型(1次印象)を採ってから
精密な型(2次印象)を採ります。
仮の型取りで採った印象から作る模型を
研究用模型またはマルモと呼んでいます。

かえで歯科ではマルモの印象は
既製のトレーとアルギン酸を使用しています。



この様に採った印象に石膏を流してマルモを作成します。
マルモにはお口の中の情報がふんだんに
盛り込まれており、マルモとにらめっこしながら
患者さんの治療計画や入れ歯の設計を考えます。



このマルモ上で、精密な印象を採るための
個人トレーというものを作成します。



なので2段階に印象すると言っても、マルモの段階で
良く採れているとその後がとても楽になります。
つまり、良い義歯を作るには良いマルモを作ることから
始まります。


つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2013年7月25日 木曜日

印象 ~入れ歯~

こんにちは
松戸市馬橋駅西口のかえで歯科杉浦です。

先日は被せ物や詰め物の型取りについて書きましが
思いのほか反響がありましたので
本日は入れ歯の印象について書いてみたいと思います。
趣向を変えてQ&A方式で~
(Aの部分は私見の部分もあります。患者さんに
入れ歯のイメージを持って頂く為に分かりやすく書いて
あります。)

Q.被せ物と入れ歯の印象って違うの?
A.まったく違います。
Q.何が違うの?
A.被せ物は動かないもの(つまり歯)を如何に精密にとるか
  ということが大切です。
  入れ歯は動くもの(つまりあごの粘膜)を如何に生体に調和
  した形でとるかが大切です。
Q.動くって?調和って?
 歯と違って(歯も厳密には動きますが)、入れ歯が乗っかる
 顎の粘膜は動きます。また、ほっぺたや舌や小帯と呼ばれる
 すじ等もとても動きますし、入れ歯の形に大きな影響を与えます。
 まあ言ってみれば、どんな形にでも印象は採れてしまいます。
 そこで、術者が生体に調和した形の印象を採る為に患者さんに
   色々な運動をしてもらい、動きのある所から、最適な入れ歯の
   為の印象を 切り取るイメージでやっています。印象は採る
  のではなく、  作るものだ と僕の学生時代の総入れ歯の
  教授は仰っていました。
Q.入れ歯の印象の方が難しそう
A.どちらもきちんと美しく採るのは難しいです。
Q.実際どんな風に印象するの?
A.全部入れ歯から、一本だけの入れ歯まで症例は千差万別です。
 その都度最適な方法を選択する必要があります。
 

ブリッジの模型。歯がないのは1本だけ。


部分入れ歯の模型歯があるところと、歯がない粘膜部が半々


全部入れ歯の模型。粘膜部のみ。

こう見てみるとまったく違いますね。
全部入れ歯や、歯がない部分が大きい入れ歯の印象は
入れ歯に必要な解剖的な形態や運動を考慮しなければ
なりません。

かえで歯科では、全部入れ歯や部部入れ歯の型取りでは
主に1次印象と精密印象との2回に分ける方法で行っています。

次回には個々の義歯印象について解説します。

かえで歯科 杉浦
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL

2012年12月10日 月曜日

入れ歯について①

こんにちは
松戸市馬橋駅西口のかえで歯科院長の杉浦です。

寒くなってきまして
コタツから出ることが億劫で
ついついブログの更新が遅くなってしまいました。

というのは冗談でして
日々の仕事におわれつい先延ばしにしてしまいました。

さて本題です。
日々診療しておりますと
入れ歯に苦労されている方がとても多いと
感じます。

実際にきちんとした入れ歯を作るのは
下地になる膨大な知識と、経験と、技術が必要です。
また難易度は患者さんの顎の骨の状態や、残っている歯の状態、
ライフスタイル、パーソナリティーにもかなり左右されます。

来院される入れ歯の患者さんの状態を簡単に分けると
①良く出来ている入れ歯で、満足されている。
②良く出来ている入れ歯だけども不満がある。
③あまり合っていないが、修理で対応できる。
④あまり合っていないし、作りなおした方がよい。
⑤全く合っていないので作りなおした方がよい。
⑥無くした
⑦初めて作る

などでしょうか。
まだまだ場合分けは出来ると思いますが。

僕の感覚では、②と⑦の方は特に
慎重に、時間をかけてお作りする必要があると思います。

②の方で更に沢山入れ歯をお持ちの方は
良くお話をお聞きして、本当に問題となっている
事を掘り下げる事が大切
です。
そのままお作りしても、使えない入れ歯が
一つ増えただけということにもなり兼ねません。

入れ歯は生活にとても大切なものであり、
繊細なお口の中にお入れするもので、
更に強い噛む力を受け止めるも
のなので
機能的、形態的、審美的によく考える必要があります。

また⑦の方で、大きい入れ歯を初めてお作りする
場合もお作りする前に、十分な説明が必要です。
何しろ初めてですから、気持ち悪くなったり
ほっぺや舌を噛んだり、話にくい事もあります。
初めてで、嫌な経験をされ、そのまま使えなく
なってしまわないよう、アフターフォローも大切です。

入れ歯でお困りで物を食べる時には入れ歯を外すなんて
ことも起こり得ます。

ただ、難易度が高い方の入れ歯をお作りして
喜んで頂けた時は、本当に嬉しくなります


当院では、入れ歯にこだわりをもってお作り
しておりますので時には治療回数や、
お時間、労力がかかってしまうこともありますが
出来る限り、使える入れ歯をお作りして
喜んで頂けるよう日々努力しております。

杉浦
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科 | 記事URL


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら