院長ブログ

2013年11月22日 金曜日

歯科用レントゲンの被曝について

こんにちは
松戸市馬橋駅西口のかえで歯科院長杉浦です。
本日は歯科の放射線被ばくについて
書いてみたいと思います。

3.11の地震から続発した原発事故から
放射線被ばくに関心を持たれる
患者さんが確実に増えたと思います。
もちろん治療上必要な時には、撮影理由をご説明してから
撮影させて頂くのですが、歯の神経の治療などでは
X線撮影が同一部位で複数回に及ぶことが良くあります。
そのようなときに不安に思われる患者さんがいらっしゃいます。

確かに不用意な被ばくは絶対に避けなければなりませんが
治療上有益である場合は、説明の上撮影させて頂きます。

では歯科のX線撮影ではどの程度の被曝量か?
これも色々な数値が存在しますが一例を紹介致します。

独立行政法人放射線医学総合研究所の
ホームページから(一部改)引用
図は私(杉浦)作成

実効線量比較図(mSV)

歯科用のレントゲンはとても低いのがお分かり頂けますね。
また歯科用レントゲンは口腔領域のみの照射で
最も影響がある生殖器には遮蔽エプロンをして撮影するので
全くと言っていいほど影響がありません。

更にかえで歯科ではデジタルレントゲンを使用しています。
デジタルレントゲンは通常のものより5分の1~10分の1
の放射線量で撮影できるのでさらに安心です。

かえで歯科では安心して診療が受けて頂けるよう
日々心がけております。

何か、診療について、ご不明な点や
不安なことが御座いましたら
いつでもご相談ください。

かえで歯科 院長 杉浦

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら