院長ブログ

2013年9月26日 木曜日

入れ歯の印象(精密印象)

こんにちは。松戸市馬橋駅西口かえで歯科院長杉浦です。

入れ歯の印象続きです。

前回マルモについて色々書きました。
マルモ上でその方のお口の中の状態を観察し
状況を把握した上で治療計画の立案、設計の決定を行います。
さらに、最終印象(精密印象)の為の個人トレーを作成します。




前回のおさらい

本日は入れ歯の精密印象について書いていきます。

マルモ上で作成した個人トレーは
実際の入れ歯の外形よりも小さくなっています。
これは何故か?
以前入れ歯の印象第1回で書いたように入れ歯は
お口の中の舌やほっぺた、唇などの動きに影響を受けます。
なので、印象時にそれらの動きを記録する必要があります。
つまり調整シロがあるので短いのですね~

そこで個人トレーにコンパウンドという熱で柔らかくなる材料で
筋肉や粘膜の動きを記録します(筋圧形成)。


コンパウンド巻いた写真

その後接着剤を塗布して、アルギン酸やシリコン製の印象材で印象します。


精密印象

折角印象した、辺縁の形を守るために
周りをワックスで形作ります。



石膏を流して出来あがり


石膏(作業模型)

この後模型を綺麗にしていきます。

印象といってもこんなに工程があるんです!
料理のレシピ書いてるようですね。

美味しそうな作業模型が出来ました~
美味しく作るコツはアルギン酸の水の量と
コンパウンドの火加減です
みたいな感じで

この入れ歯の印象の流れは
大学病院の義歯専門外来での印象の流れと同じです。
かえで歯科では、入れ歯を作る時
外来診療、訪問診療どちらもこの様な印象を行っています。

なんで2回も型取りするんだ?
と思われていた患者さんは納得して頂けましたか?
かえで歯科では高いレベルの医療を提供出来るよう
日々努力しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かえで歯科


大きな地図で見る
■所在地:〒271-0046
千葉県松戸市西馬橋蔵元町13 1F
■最寄駅:
JR常磐線「馬橋駅」、流山線「馬橋駅」
徒歩2分

お問い合わせ 詳しくはこちら